メニュー

新型コロナウイルス感染拡大防止に対する院内対策について

無症候感染者からの感染も取り沙汰されており、100%完全な感染予防は困難ですが、可能な感染対策を講じることで感染リスクを大きく低減させることができます。院内でも以下の感染対策を講じておりますので、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

1.スタッフ全員マスク着用しております。

感染者がいた場合、飛沫の飛散を防ぐことで感染予防ができます。ご来院いただく皆様にも着用をお願いしております。

2.受付ブースに飛沫防止のシートを設置させていただいています。

スタッフから皆様、皆様からスタッフへの感染のリスクを下げることにつながり、院内感染の予防となります。

3.開放可能な窓を開けて、院内の換気に努めています。

換気することでウイルスの付着した微細な飛沫を野外に放出でき、スタッフや皆様の体内に入るリスクを下げます。

4.診療開始前、昼休み時間などで院内を消毒しております。皆様にも来院時に手指消毒をお願いしております。消毒液は受付に設置しております。

皆様が接触する部位を重点的に消毒しています。診察室、トイレなどのドアノブなども消毒していますが、触れることに抵抗がある方はスタッフに申し付けください。スタッフの方で開閉いたします。

5.ご来院いただく皆様の検温をさせていただいています。

皆様の検温には非接触型の体温計を使用しております。正確に確かめる必要がある場合は、通常の体温計を1回ごと消毒しながら使っています。

6.以下の症状・項目に当てはまる方は、対面での診察をご遠慮いただいております。

 ①37.5度以上の発熱がある方
 ②いつもと違う体のだるさがある方
 ③身体的な呼吸の苦しさがある方
 ④激しい咳が出ている方
 ⑤臭いの感じにくさや食べ物の味の変化がある方
 ⑥同居のご家族に発熱など感染を疑う症状のある方
 ⑦ご自分やご家族で1カ月以内での海外渡航歴がある方

(1)初診の方、カウンセリングで来院された方で該当する場合は、受診を控えていただいております
(2)再診の方であれば、スタッフの指示に従っていただきます。基本は院内に留まることはご遠慮いただき、電話再診の活用をお願いしております。

 診療をご希望される方の対面診療をお断りすることは、当院としても苦渋の決断となりますが、一度院内感染が起きるとクリニックを一定期間閉鎖することになります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

以上現在で可能な限りでの対応をしております。今後出来ることがあれば迅速に導入し、皆様、スタッフの感染リスクを極力下げるように勤めてまいります。これは医療機関としての当院の責務と考えております。

野口クリニック院長

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME