メニュー

強迫性障害の治療

強迫性障害は、頭の中では、意味のない事、無駄な事と「わかっちゃいる」けど、いてもたってもいられなくなり「やめられず」、それを長時間に渡り繰り返してしまい、精神的疲弊や時間の浪費が起きるため、落ち着いた生活を送ることや仕事をこなすことが困難となる病いです。自分でもつまらないことだとわかっていても、そのことが頭から離れず、わかっていながら何度も同じ確認をくりかえしてしまうことになります。

代表的な症状としては、不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りなどを何度も確認せずにはいられないといったことがあります。

主な強迫観念と強迫行為

意志に反して頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを強迫観念、ある行為をしないでいられないことを強迫行為といいます。

不潔恐怖と洗浄

汚れや細菌汚染などの恐怖から過剰に手洗い、入浴、洗濯をくりかえすドアノブや手すりなど不潔だと感じるものを恐れて、さわれない。

加害恐怖

誰かに危害を加えたかもしれないという不安がこころを離れず、新聞やテレビに事件・事故として出ていないか確認したり、警察や周囲の人に確認する。

確認行為

戸締まり、ガス栓、電気器具のスイッチを過剰に確認する(何度も確認する、じっと見張る、指差し確認する、手でさわって確認するなど)。1回に何度も確認するため、一度外出するのに何時間もかかる場合がある。

儀式行為

自分の決めた手順でものごとを行なわないと、恐ろしいことが起きるという不安から、どんなときも同じ方法で仕事や家事をしなくてはならない。

数字へのこだわり

不吉な数字・幸運な数字に、縁起をかつぐというレベルを超えてこだわる。

物の配置、対称性などへのこだわり

物の配置に一定のこだわりがあり、必ずそうなっていないと不安になる。

治療

強迫観念や強迫行為の元になっているものに強度の不安・恐怖があります。実際に強迫行為でその不安を打ち消さないことには落ち着かず、そのことが頭から離れず何も手につかなくなる場合もあります。こうした状況では薬物療法と精神療法を組み合わせて治療を行います。薬物療法では、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIと略称)を中心とした抗うつ薬を使って行うことが多いです(場合によっては新規の抗精神病薬や抗不安薬を使うこともあります)。薬物治療の結果、強迫症状の背後にある不安が低減されると、強迫症状をコントロールしやすくなります。そこで薬物治療に加えて認知行動療法的な精神療法を併用して、強迫症状から徐々に離脱していくことを目指します。いきなり強迫症状を取り去ることは困難な事が多く、薬物治療で脳の奥底から沸き起こる不安恐怖に対処できるようにした状況で、強迫症状に対して徐々に離脱する段階的な方法を主治医との間で確認し、実生活で一つ一つ実践し、徐々に強迫症状から離脱していくように取り組んでいきます。

こちら〔強迫性障害に関するコラム〕もご参照ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME