メニュー

当院で行う薬物治療について

精神科にかかると、多くの薬を出され、癖になりやめられなくなる、または薬により心も体も蝕まれてしまい戻れなくなると不安になる方も多く、一方で自分の意思でなんとか出来る、精神科の薬に頼るような状態ではないと踏ん張り続ける方々もおられます。

こうした不安や対処行動は誰もが程度の差はあれども有していると思います。私たちはこうした患者さんの思いを尊重しながら、専門的に適切に見立て、十分な説明の上にご納得いただいてお薬をお出ししたいと思っています。

お薬は、病いを良くするためには重要な治療手段ですが、それだけでは治療はうまくいきません。治療者が信頼でき、その医師の処方された薬が役に立つとの思いがあってこそ十分な効果が期待出来ます。

逆に言えば、納得いただけていない状態でお薬をお出しすることはありません。

またお薬が必ずしも必要ではない方もおられます。その場合は精神療法や環境調整、生活指導や心理教育等を継続的に行い、無投薬にて治療をさせていただくこともあります。

お薬が必要な場合、治療者側が適切な評価を行い、そのために必要な薬についてご本人が納得できるという治療関係が生まれると、その病いは改善に向かう可能性が高いという実感があります。また治療が進むにつれて、それまで使っていた薬は病状の改善に合わせて減らしていくことを心がけています。

精神科のお薬に対して、可能ならば控えておきたいと希望される方には、漢方薬による治療が可能かどうかも検討いたします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME