メニュー

ご挨拶

心と体のつながりに関心を持ち、当時勤務していたパナソニックを退職し医学部に進学、まずは札幌医科大学第一内科に入局し、内科領域の臨床経験を積み、その後東京大学心療内科に入局、心身相関に伴う病態を学び、その流れで井之頭病院で精神科の臨床経験を積みました。その上で東海大学精神科学教室に入局し、精神科領域のコアな部分の臨床経験・研鑽を重ねてきました。心がそこに宿る精緻な身体の機能と心身相関について臨床的な感覚を積み上げてきたことは、精神に不調をきたしている方々について、その方に生じている不具合を理解し、効果的な治療的介入を行う上で大きく役立っています。そして十分とは言い難いながらも精神分析的精神療法の実践も行い、専門領域の先輩方から指導を受けてきました。心療内科から精神科に臨床実践を移した直後の2006年から週一回のパート勤務を野口クリニックでさせていただいていました。ここでの実戦は自分の心療内科・精神科診療の変遷が残っているように思います。この度(2018.4.1)この地域に根ざした歴史あるクリニックを野口先生から継承させていただくことになりました。今までの経験を生かし、地域の精神保健に貢献したいと思っています。よろしくお願い申し上げます。

院長  西山 晃好

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME